塾講師と家庭教師の仕事の違いとは

家庭教師の仕事内容

大学生におなじみのアルバイトといえば塾講師や家庭教師ですが、同じような仕事内容と考えている人も多いかもしれませんね。
生徒に指導をするという点は同じですが、仕事環境や生徒への接し方、授業の進め方が大きく異なります。
家庭教師の場合、依頼された家庭に伺い、そこで授業を行います。授業はマンツーマン形式で、個人的に依頼されることもあれば、会社に登録して派遣されるケースもあります。
家庭教師は授業のカリキュラムを自分で組み、生徒の学習の進捗状況によって学習計画の見直しを行います。
マンツーマンなので生徒とのコミュニケーションもとりやすく、成果が出れば一緒に喜び、成果が上がらない場合はその理由をじっくり話し合うことも可能です。
保護者との距離も近いので保護者の意向も聞きやすく、生徒と保護者との気持ちをすり合わせることも容易になります。
最近では家庭教師を派遣する会社も多いため、派遣会社に登録して働いている家庭教師も多いですが、個人で請け負っている場合は高収入を得られるメリットもあります。

塾講師の仕事内容

塾講師は予備校や個別指導塾などで授業を行います。塾によって、個別指導と集団指導の授業形式に分かれます。
集団指導は学校と同じような方式で授業を行いますが、個別指導は少人数制で授業を行います。個別指導の場合、塾によってはマンツーマン形式を取り入れていることもあります。
塾では授業のカリキュラムが決まっているため、学習計画どおりに授業は進みます。特に集団指導を行う塾ではその傾向が強いですが、個別指導の場合は生徒の学習の進捗具合によってカリキュラムを見直すことがあります。
また、塾講師は一人で何人もの生徒を見ていることが多いため、コミュニケーションをじっくりとることが難しいという点もあります。

Youtubeが話題のマナビズム

塾の中でも最近特に話題になっているのが、マナビズムです。Youtubeを配信するなど新しい取り組みを次々と行っており、生徒からも分かりやすいと評判が高いようです。
Youtubeの配信というと塾のレベルに問題があるのではと心配する人もいますが、マナビズムは難関私大合格を専門とする塾なので、一般的な塾よりもレベルが高いといえます。
マナビズムの指導方法も通常の授業形式ではなく、自習能力を高めることに力を入れており、生徒の学習レベルに合わせた指導方法とやる気を出させるプログラムが用意されています。
複数の生徒を一括で教えるのではなく個別ごとに学習計画を立て、目標の進捗に合わせてスケジュールを見直すなど、生徒の学習レベルに沿った指導を行っています。

youtube公式チャンネルはこちら!→→→「マナビズムってどんな塾?」ーマナビズムYoutube公式チャンネル

塾のバイトで理想的な服装とは

塾では服装が指定されていることが多い

大学生にとって高時給バイトとして人気の塾ですが、どのような服装で出社すれば良いのか迷う人も多いことでしょう。
基本的には塾のほうから服装について指定があることが多いですが、塾によっては服装は自由となっているケースもあります。
規模の大きな塾の場合、服装も細かく指定されていることもありますが、個人塾や地元で運営している個別指導塾などの場合、それほど服装にもうるさくありません。
服装が指定されている場合、ほとんどはスーツやシャツとジャケットなので、すぐに用意することができますが、服装が自由の場合はどのような服装を着ていけば良いか困りますよね。
服装が自由となっていても、派手過ぎる服装や露出が高い服装などは注意を受けます。生徒が勉強する上で邪魔にならないよう、できるだけオフィスカジュアルを意識した服装が理想的といえます。
塾によっては制服を用意していることもありますので、バイトを始める前に服装については確認しておいたほうが良いでしょう。

事前に服装は確認しておこう

服装が自由な場合もどこまでOKなのかを聞いておき、その範囲内の服装を着用していくようにしましょう。
一般的にはビジネス用のワイシャツとスラックスを着用していれば問題ありませんが、どちらも持っていない場合は、無地のシャツとカラーパンツなどを組み合わせていけば良いでしょう。
大学生の場合、入学式のときにスーツを用意している人が多いので、塾のバイトをするときはそのスーツを活用するのがおすすめです。
入学式用のスーツは就活用とは若干異なるため、就活のときには着用できないこともあります。また、在学中に体形が変わってしまうこともあるので、スーツを活用するといった意味でも、入学式のスーツを利用したほうが良いでしょう。

塾バイトで稼ぐならマナビズムがおすすめ

Youtubeの登録者数が業界トップクラスに達しているマナビズムは、難関私大の合格を得意とする自習をメインとした新しいタイプの塾です。
さまざまな勉強法や、マナビズムに対する疑問などに答えるYoutubeチャンネルを開設しており、多くの学生から注目を集めています。
マナビズムでは生徒の勉強計画を構築したり、学習状況に合わせた進捗管理などを行うアルバイトを募集しています。
一般的な塾の場合、大学生アルバイトは講師をすることが多いですが、マナビズムでは生徒との面談を行い、学習計画を立てることを主に行います。
個別指導だけでなく集団指導も行っているので、塾講師としてアルバイトをすることも可能です。スキルが上がるごとに時給が上がる仕組みになっていますので、やる気のある人ほどしっかり稼ぐことができるのではないでしょうか。

塾講師バイトは科目を選んで働くことは可能?

塾によっては1科目からでもバイトできる

大学生に人気の高い塾講師のバイトですが、自信のない科目があれば採用してもらえないのではと考えている人も多いかもしれませんね。
基本的には多くの科目を教えられる大学生を募集している塾が多いですが、塾によっては1科目だけでも採用してくれることもあります。
指導科目を完全に細分化している塾や、規模の大きな塾の場合は指導科目数が少なくても採用してくれるチャンスはあります。
しかし、1科目だけとなった場合、通常よりも高いレベルを求められることもあるようです。例えば英語が得意科目で英語だけを教えたいとなった場合、受験英語だけでなくネイティブ英語が話せる、TOEICで高いスコアを出しているなど一定のレベルを求められます。
1科目でも塾講師のバイトを探すことは可能ですが、その場合は一定レベルを求められるということは覚えておいたほうが良いでしょう。

苦手な科目でも教えることはできる?

学校であまり成績の良くない科目や苦手な科目がある場合、塾講師としてバイトすることは難しいと思うかもしれませんが、自分で判断する前に一度面接に行ってみるのがおすすめです。
自分では苦手だと考えていても、採用試験の結果、問題がないと判断されることもあります。
学力的に問題がなければ採用される可能性は高まりますので、まずは採用試験を受けてみてください。
苦手な科目は教えるのも苦手な人も多いですが、塾側で指導マニュアルがちゃんと用意されていますので、それほど心配する必要はありません。
また、面接の際に苦手科目を最初に申告しておけば、苦手な科目を担当させられる可能性も減ります。
苦手分野の科目であっても、塾講師のバイトを始めて教えることで苦手科目を克服できたという人もいますので、まずは面接に行って話を聞いてみましょう。

難関私大の受験経験があるならマナビズムへ

Youtubeが話題のマナビズムは難関私大の合格を得意とする塾です。Youtubeでは学生からの塾に対する疑問や質問などに答えていたり、マナビズムの勉強法などを紹介しています。
難関私大合格に特化している塾ですが、国公立に通っている大学生でも数多く採用しており、さまざまな大学生がマナビズムでバイトをしています。
採用された場合は研修期間を設けているので、いきなり生徒に教えるようなことはありません。最低でも10時間の研修を受け、ロールプレイング形式で指導方法を学びます。
また、塾の時給査定もロールプレイングテストで行われるため、指導能力が高ければ高い時給を確保することも可能です。

塾講師に求められる資質とは

学力以外の能力も求められる塾講師

将来的に塾講師として働きたいと考えている人も多いと思われますが、学力さえあれば簡単になれると勘違いしている人もいるのではないでしょうか。
塾講師にとって学力はもちろん必須条件となりますが、必ずしも高学歴の人材が採用されるとは限りません。
学校の成績もよく高学歴だったとしても、塾講師に向いているとはいい切れません。実際に塾講師の面接に行った場合、自分よりも低い学歴の人や学力が低い人が採用されたのに、自分は不採用だったという人もいることでしょう。
学力が高くても人に教える能力が低ければ、塾講師として採用してもらえません。また、コミュニケーション能力が低い場合も塾講師として働くことは難しいといえるでしょう。
塾によっては、小学生や中学生といった幼い子どもを教えることもあります。コミュニケーション能力が発達していない子どもにとって、初めて出会う塾講師に対しては心を開けないことも少なくありません。
そのため、生徒が分からないことや伝えたいこと、困っていることなどについて、塾講師が気を配り気づいてあげなくてはなりません。
自分が請け負った生徒に対して、成績ややる気をあげられるよう、熱意をもって接する必要があります。
仕事だからと割り切った付き合いを求めるようなタイプであれば、塾講師として働くことは難しいかもしれません。

塾講師の一日の仕事内容

もし塾講師に採用された場合、一日の業務はどのような流れになるのでしょう。塾講師の仕事は基本的に午後からになります。生徒が集まるのが学校が終わってからになるので、生徒に合わせたスケジュールで業務を行います。
13時から15時頃まで出社し、それから講師のミーティングや授業準備を行います。授業が始まる前までの時間は、保護者面談を行うことも多いようです。
夕方から授業が始まります。生徒の状態に合わせて指導を行います。21時から23時頃になると授業もすべて終わり、最後に教室の片づけや講師のミーティング、明日の授業準備を行い退社します。

マナビズムで塾講師を目指そう

Youtube配信が学生の間で話題となり、業界内でも注目されているマナビズムは難関私大合格に特化した塾です。
マナビズム独自の勉強法などをYoutubeで配信しており、それが分かりやすいと学生の間で人気となりました。
マナビズムでは自習をメインとした学習法を提案しており、それをサポートしてくれる受験コンサルタントを募集しています。
塾講師としてのスキルだけでなく、生徒の勉強計画や進捗管理なども学べるのでおすすめです。

塾講師の仕事は楽しいことだらけ?

塾講師のデメリットも理解しておこう

時給水準が高いことで知られる塾講師の仕事ですが、メリットが多い仕事と考える人も多いようです。
実際に塾講師の仕事は給与も高く、シフト制なので仕事時間を好きに選ぶことができる、座ったままで仕事ができるなど、数多くのメリットがあります。
しかし、もちろんデメリット面もありますので、働く前にどのようなデメリット点があるかを把握しておくことも必要です。
いざ働いてみて、こんなはずじゃなかったということにならないよう、事前にメリット・デメリットを理解しておきましょう。
塾講師は指導科目や担当している生徒によってシフトを組みますが、ある程度自分のスケジュールを優先することが可能です。
一般的な塾の場合、在籍している塾講師バイトはたくさんいますので、スケジュールを調整することはそれほど難しくありません。
しかし、塾講師の仕事は基本的に夜がメインになりますので、必然的に夜型の生活リズムになってしまいます。
出勤そのものが夕方からになりますので、帰宅時間は終電近くになることも少なくないようです。
規則正しい生活を送っている人であれば、塾講師として働きだすと生活リズムが崩れてしまうので、体調を崩してしまう可能性もあります。
塾講師として働く場合、このようなデメリット点があることは理解しておいたほうが良いでしょう。

コミュニケーション能力が必須

塾講師は生徒へ学習指導を行うことがメインの業務となるので、生徒とのコミュニケーションは必須条件となります。
コミュニケーション能力に長けている人であれば良いですが、あまりコミュニケーション能力に自信がないという人にとっては、生徒と慣れるまで時間を要してしまうこともあります。
生徒とうまくコミュニケーションをはかれないと、成績もあまり上がらないことも考えられます。

Youtubeで学生から人気のマナビズム

難関私大専門塾のマナビズムは、Youtubeでどのような塾かを説明していたり、勉強法などを紹介しています。
入塾を検討している学生たちが事前にチェックできるため、一般的な塾よりも生徒が心を開きやすいのがマナビズムの特徴の一つとなるでしょう。
また、マナビズムは生徒に授業を教えることがメインではなく、自習の質を上げることに力を入れています。
そのため、毎週のように生徒と面談を行い、学習の進捗に合わせて学習計画を立てるため、講師のほうも生徒とコミュニケーションをとりやすくなっています。
意思疎通をする機会が多いので、生徒のほうも心を開きやすく、講師に相談しやすい環境となっているのがマナビズムの良い点といえるでしょう。